お電話(TEL:0287-28-0051)・お問い合わせフォーム・正浄寺の寺務所で受け付けております。

お葬儀・永代経・各種法要いずれも正浄寺のご門徒の方でなくても承っております。
お電話か、直接正浄寺の寺務所でお申し込みください。

※作法は浄土真宗のものとなります。

葬儀

お葬儀の流れは次の通りです。

①お亡くなりになりましたら、お寺にご連絡ください。
※ご連絡の際には下記の内容をお伝えいただきます。
・ご連絡者と故人のお名前
・ご自宅もしくはご遺体の安置されているご住所
・すぐ連絡のつく連絡先
・葬儀社名(お決まりでない場合は紹介いたします)

②臨終勤行(枕経)のお勤めをし、お通夜・お葬儀の打合せをいたします。

③お通夜のお勤めをいたします。

④お葬儀のお勤めをいたします。

⑤火屋(火葬場)勤行
・火葬場の炉前でお勤めをしたします。

⑥還骨勤行・初七日法要
・火葬場から戻り還骨勤行・初七日法要のお勤めをいたします。

【お葬式を終えてからのお勤め・法要】

〈満中陰法要〉
お亡くなりになってから四十九日目にお勤めいたします。
正浄寺では四十九日に併せて納骨のご法要をお勤めいたします。

〈忌中参り〉
二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、百ヶ日
初七日以降、満中陰に至まで七日ごとの中陰法要等についても承ります。

 

〈永代経〉

永代経とは、永代にわたって正浄寺の僧侶や有縁の人々が読経・勤行をすることです。
永代にわたり亡くなられた方のご遺徳を讃えると共に、お念仏をご相続なされることで仏縁を永く後世へと伝えていきます。

〈永代経の内容〉
・永代経の掛け軸に法名(仏様となったお名前)・俗名(生前のお名前)等を揮毫いたします。
・春秋のお彼岸の際にお勤めをさせていただきます。
・永代にわたりお勤めをさせていただきます。
・宗派を問わずどなた様でもお申し込みいただけます。

〈法事・法要〉

正浄寺では各種の法事・法要を承ります。宗派を問わずどなた様でもお申し込みいただけますが、浄土真宗の作法によってお勤めさせていただきます。
法事・法要とは故人を偲ぶと共に、仏徳を讃嘆し、仏恩に感謝するお勤めです。

月忌 月ごとのお勤めをいたします。
祥月 毎年の亡くなられた月日のことを祥月命日といい、年一回お勤めをいたします。
年回法要 一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌にお勤めをします。
百回忌や百五十回忌といった遠忌法要も受け付けております。
建碑式 お墓を建てた際にお勤めいたします。
入仏・遷仏式 お仏壇を求め、本山よりご本尊をお迎えする際や、お仏壇を別の家へと移す際にお勤めする法要です。
起工・竣工式 工事の始まりや終わりの際にお勤めする法要です。

 

無形文化財 雅楽
葬儀法要
法 話

ページトップへ